積水ハウス 坪単価

無料!ハウスメーカーや工務店の総額や間取りプランを比較

 

積水ハウスの坪単価はいくら?

積水ハウスの坪単価は、

 

 

 

50〜80万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安です。

 

 

 

ちなみに、積水ハウスで建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

73.0万円 / 坪あたり(積水ハウス)

 

 

 

となっていると言われている。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、積水ハウスで平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約3200万円との計算に。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられる。)

 

ですので、

 

3600万円

 

ぐらいの予算がないと、積水ハウスの平均的な家が建たないということにもなりますね。


積水ハウスのシャーウッドの坪単価について

大手ハウスメーカーの坪単価は高いという感じをうけます

 

 

実際の建物の原価はそれほど高いとはいえませんが、

 

 

大手のハウスメーカーというと広告費などにお金がかかっているので、割高な坪単価になっているのです。

 

 

大手のハウスメーカーで代表的なのが、累積住宅販売戸数トップの積水ハウス。

 

 

積水ハウスには軽量鉄骨と木造住宅がありますが、意外にも木造住宅のシャーウッドのほうが割高になる場合があるのです。

 

 

シャーウッド(積水ハウス)で使われている木材は安価な材料を使っていますが、それでも坪単価が高額になるのは、広告費や設備費が割高になるからだと感じています。

 

 

シャーウッド(積水ハウス)は構造的にはとても良く考えられており、基礎と柱をしっかりとつなぐ方式や、壁内の通気をしっかりと取り、木材を腐らせない対策がとられているのです。

 

 

集成材により経年変化による割れやそりがないので、安定した家を建てるのに向いている。

 

 

坪単価は建物の価格を床面積で割ったものであり、建物の価格の中には設備費なども含まれいるのです。

 

 

そのため、設備に高価なものをつけずにシンプルな家にすれば坪単価は安くなります。

 

 

積水ハウスのシャーウッドの場合の坪単価は75万円程度になることが多いです。

 

 

これを高いと感じるかは人それぞれですが、魅力的な設備を含んでいる価格であれば、決して高いとはいえないかと。

 

 

シャーウッド(積水ハウス)の特徴の一つとして、陶板外壁ベルバーンがあります。外壁は長い年月により劣化してくるものです。

 

 

一生のうちで外壁のメンテナンスをする場合がありますが、ベルバーンであれば陶器なので高い耐久性があり、

 

 

メンテナンス無しで住み続けることが可能です。ベルバーンは外壁としては高価な部類に入りますが、

 

 

メンテナンスの事を考えれば、とてもメリットがあると言える。見た目においてもとても落ち着きのあるすばらしい印象。

 

 

積水ハウスのシャーウッドの坪単価が割高になるのは、ベルバーンの影響もあると感じられる。とても価値ある住宅なので、割高になるのも納得できますね。

積水ハウスの坪単価 木造の場合

積水ハウスは数あるハウスメーカーの中でも歴史が長いハウスメーカー、テレビコマーシャルで流れるあのメロディーはあまりにも有名ですよね。

 

 

鉄骨造りや木造住宅だけでなく、分譲アパートなども手掛けている販売戸数はハウスメーカーの中でも群を抜いています。

 

 

さて、家を建てる時に気になることとしてやはり坪あたりの単価が気になる所です、積水ハウスの坪単価はどれくらいなのでしょうか?

 

 

積水ハウスの坪単価はたの大手ハウスメーカーと比べてほぼ中間に位置、

 

 

決して高くもない代わりに他のローコストを売りにしているメーカーと比べると若干高いと感じる程度です。

 

 

積水ハウスといえば鉄骨造りというイメージが強いのですが、実は木造住宅も扱っています、シャーウッドというタイプで、

 

 

これは従来の木造とは若干違います。

 

 

まず、木造でありながらも積水ハウスのオリジナルの金具を使用することで鉄骨住宅と同等の強度を持たせることに成功しています。

 

 

また、シャーウッドタイプでも鉄骨と同じ保障が付きますので、10年ごとに有料点検を行うことで半永久的に保障を受け続けることができます。

 

 

また、積水ハウスは鉄骨タイプの営業と木造タイプ(シャーウッド)の営業マンとに分かれており、それぞれ専用の知識を持っています。

 

 

そのため、木造にするか鉄骨にするかをまず決めることが必要です。

 

 

坪単価は基本的にその建築タイプによって変わってきます、

 

 

例えば鉄骨タイプであれば1坪約72万だったところがシャーウッド(積水ハウス)で見積もりを取ると75万になったりといったように同じメーカーでも変動します、

 

 

それは建築に使っている住宅設備の内容で変わるからです、

 

 

例えば外壁材ですが、鉄骨系であればダインコンクリートを使っているところを、

 

 

木造建築であるシャーウッドの場合は陶板外壁ベルバーンという特殊な外壁を使っており、

 

 

若干高額なため、合計した坪単価は鉄骨に比べて高めになるというわけです。

 

 

家は一生物の買い物です、坪単価だけ気にしていても総合的に満足できるかどうかが重要なのです。

積水ハウスの鉄骨の坪単価

積水ハウスの鉄骨造りの坪単価は、だいたい50万円くらいから、というような目安が出ています。

 

 

ただ、これはあくまでも最初の坪単価の目安ということで、それから、様々な施工、たとえば、外部の給排水や、電気工事なども追加となっていきますので、積水ハウスの鉄骨の最終引渡しにおける坪単価というのは、70〜80万円ぐらいだといえるでしょう。

 

 

実際、積水ハウスは大手ハウスメーカーの中でも、かなり高い方だといえるしょう。

 

 

こういった積水ハウスの高い値段というのは、若干はブランド価格、という事も否めないのではないかと思います。やはり積水ハウスは大手で安心です。

 

 

高い値段でも、やっぱり大手に頼んだ方が安心、と考えるお客さんが多いのも事実です。モデルハウスなどにいっても、積水ハウスの家には、たくさんの人が集まっています。

 

 

やはり、一度は検討に入れたい、と思う人が多いのです。ただ、実際、積水ハウスの家をちょっと見て興味をもっても、その坪単価であきらめてしまう、という人も多いのではないでしょうか。

 

 

ただ、積水ハウスの強みのひとつが、営業にありますが、これは、積水ハウスの地域密着という方針のもとの戦略だといえるのでしょう。

 

 

いい営業さんのサポートは、本当に評価に値するということで、こういったスーパー営業マンというのが、積水ハイムにいるというのも事実です。こういったところも、高い単価に値するメリットということができるでしょう。

 

 

同じ鉄骨造りの家を建てるのであっても、積水ハウスの方が単価として高い、という結果になることも、あり得るのではないか、と思います。

 

 

ただ、先ほどにも述べたように、どういった家を作るのか、どういった家が建つのかという希望を、どう叶えてくれるかというのは、担当となった営業マンによる部分も有ります。なので、高くても積水ハイムのよい営業さんに当った場合には、坪単価にみあったいい家を購入できる、というケースも、もちろんあるといえるでしょう。

積水ハウス、ビエナの坪単価と特徴

大手の積水ハウスも、3階建て住宅の商品プランを出しており、そのひとつが、BIENA(ビエナ)というものです。

 

 

だいたい、この坪単価が、70万円〜85万円くらい、というように言われています。これは、あと2つある、別の積水ハウスの3階建てよりも、より高めの坪単価になっています。

 

 

BIENA(ビエナ)のほうは、もう少し高くなる傾向がある理由として、新世代の3階建て、という設計があげられるといえるでしょう。

 

 

具体的には、積水ハウスでも人気のある、新世代外壁とよばれる、シェルティックコンクリートと、βアティックシステム構法と呼ばれる3階建ての独自の柱の設計です。

 

BIENA(ビエナ)の売りは、新世代外壁のシェルティック・コンクリートです。これをを採用した3階建て住宅ということで、「ライフ、モダン」というコンセプトを実現する住まいを提供しています。

 

 

次世代、ということで、これまでにない3階建ての在り方や方向性を提案することを売りにしており、具体的には、、外観デザインや構造、居住性にさまざまな工夫や提案がされています。加えて、高度な耐久性能や断熱・省エネ性能というのも、人気の理由になっています。

 

 

また、積水ハウスのビエナでは、構造についても独自性があります。たとえば、通常であれば1〜3階までに通し柱をいれるようになりますが、ビエナでは、これを必要としない設計になっています。各階で柱位置を決めることができるのです。

 

 

これはβアティックシステム構法と呼ばれています。各階ごとに、住みやすいように柱の位置が決められます。

 

 

さらには、幅も取らないため、3階建ならではの居住空間を十分に作り出すことができます。窓の位置なども自由に設計できますので、こういった点が、ビエナの売りとなっています。

 

 

柱と柱の間のスパンも最大5.5mと広くなっていますので、スペースを作るにはぴったりです。構造上必要な柱の本数を確保するという必要はありますが、それをクリアすれば、20〜30畳の大空間をつくることもできます。

積水ハウスの値引きは可能なのか?

人生の一番高い買い物と言っても間違いないマイホームの購入。

 

 

 

可能であれば、少しでも値引きしてもらえると嬉しいですね。

 

 

 

積水ハウスに、もう購入を決めている方、複数で迷っている方、

 

 

 

まだどこにも決めていない方とおられると思いますが、

 

 

 

値引きのポイントは、複数のハウスメーカーや工務店に資料請求をする事ですね。

 

 

 

積水ハウス以外の他のハウスメーカーの金額を知らないまま、1社に絞ると値引き交渉が進めにくくなります。

 

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、一度の入力でお住まいの地域の工務店やハウスメーカーの間取りプランや支払総額などの資料が、

 

 

 

無料でもらえますよ。積水ハウス以外の間取りプランなども参考にしておくと間取りに失敗しないで、

 

 

家を建てることができます。