住友林業 積水ハウス 比較

住友林業と積水ハウスの木造住宅の比較

大手ハウスメーカーは割高な印象を受けますが、間違いが少ない安心感があります。

 

 

大手ハウスメーカーの住友林業と積水ハウスは共に木造住宅を扱っているので、比較されることが多いです。

 

 

住友林業の木造住宅には、3つの構造があるので自分の良いと思える構造を選択できる良さがあります。

 

 

選択肢が多いのでそれぞれのメリットを確認して選択できます。自社保有林があるので、安定した木材を得られるという点も魅力的です。

 

 

住友林業は木というイメージが強く、日本のイメージにも合っていますが、洋風の住宅も建てられ自由度も高いです。

 

 

一方積水ハウスの木造住宅はシャーウッドであり、従来の木造軸組構造とは違った良さがあります。

 

 

基礎と柱の連結部にはアンカーボルトで接合しているので、加重を基礎に逃がしやすくしています。

 

 

壁内の湿気対策も十分に行われており、2層の通気層があるのが特徴です。

 

 

シャーウッドの特徴の一つとして、陶板外壁ベルバーンを採用できます。陶器の外壁なので、耐久性が高いのが特徴です。

 

 

そのため、メンテナンスがほとんどいらなくなります。

 

 

住友林業も積水ハウスも坪単価は割高になり、坪単価75万円程度になります。

 

 

木造住宅は鉄骨住宅よりも安くなることが多いのですが、積水ハウスと住友林業の木造住宅は鉄骨住宅よりも若干割高になる傾向があります。

 

 

価格の高さや木造住宅、大手ハウスメーカーということで比較されることが多いですが、選択をするにあたり決め手となるのは、構造による違いです。

 

 

実際に構造による違いを自分の目で確認して、それぞれのメリットをよく知ることが大切です。

 

 

注文住宅といえば間取りや構造など自由に決められるイメージですが、

 

 

大手ハウスメーカーであれば独自の工法を確立しているので、ある程度の制限が設けられています。

 

 

自由度があるといっても、要望に応えられない場合もあるので、自分の望む住宅が建てられるのかを確認することで、メーカーの選択につながります。

 

 

TOPページのタウンライフ家づくりでは無料でハウスメーカーや工務店の比較が無料でできます。

 

 

積水ハウス 坪単価と価格|失敗しない家の買い方のTOPページへ

<スポンサーリンク>



page top