ヘーベルハウス 積水ハウス 比較

へーベルハウスと積水ハウスを比較。建築法の違いついて

へーベルハウスと積水ハウスの家の違いは、その建築法です。

 

 

積水ハウスが従来通りの1階建て、2階建てといった建築スタイルに対して、

 

 

へーベルハウスは、例えば2階建ての場合に4層、5層空間といった新しいスタイルを取り入れています。

 

 

光や風の通り道といった気の流れを考慮して、より快適な空間演出のために床をシフトしクロスにつないで高さに変化を持たせ光と風の通り道を作っています。

 

 

昔は周りに高層な建物がなかったから、光や風を妨げる物もなくて積水ハウスが提案するような従来通りの建築法でも大丈夫だったのですが、

 

 

都心部で家を建てる際に、光を上手に取り入れたり風をスムーズに抜けさせるといった事が難しい土地もあるので、

 

 

建築スタイルもその場所に合わせた方法を取るのがベストなのです。

 

 

こういった光と風の通り道は風水の世界では龍脈と呼ばれ、家族の健康や金運、愛情運等に深く関わってくるものなのですが、

 

 

なかなかそういった風水的なビジョンを持っている建築家というのは少ないのですが、へーベルハウスではその龍脈を重んじた住まいの大切さを提案しています。

 

 

光が差し込まないと気持ちも暗くなるし、何よりも昼間でも電気を点けないといけなくなって電気代がかかってしまう、

 

 

風が通らないと気が籠るといった問題を解消してくれる住まいを実現したのがへーベルハウスです。

 

 

積水ハウスの特徴としては、シャーウッド耕法という高い耐震性を考えた建築法に力を入れているので、

 

 

地震の不安が高い地域に家を建てる場合には、積水ハウスを選ぶとより安心かもしれません。

 

 

建築する場所によって、低層住宅地もしくは地震の心配が高い土地であれば積水ハウスを選ぶ、

 

 

もし周りに高層ビルや光や風を妨げるような建物が建っている場合には、へーベルハウスを選ぶといった風に土地によって選び分けてみるといいかもしれません。

 

 

現代では数多くの住宅メーカーがあるので、それぞれの特徴をしっかり把握しながら自分の価値観や建築地にあった家を建てるのがベストでしょう。

 

 

TOPページのタウンライフ家づくりでは無料でハウスメーカーや工務店の比較が無料でできます。

 

 

積水ハウス 坪単価と価格|失敗しない家の買い方のTOPページへ

<スポンサーリンク>



page top