積水ハウスの断熱材や断熱性能

このページで積水ハウスで使用されている断熱材について紹介しています。

 

また積水ハウスの断熱性能の口コミについてもまとめていますので、参考にしてください。

 

 

積水ハウスの断熱材の種類

断熱材は断熱性や気密性だけではなく、遮音性などにも影響してくるため、快適に暮らす上で断熱材というものも重要なポイントとなってきます。

 

そこで、今回は積水ハウスではどのような種類の断熱材が使われているのか?を徹底調査しました。

 

まず、一般的に住宅で使われる断熱材としては、グラスウールというものが主流になっています。

 

グラスウールは安価なこともあり、よく使われる断熱材です。

 

グラスウールは、ガラスの繊維でつくられた綿状の断熱材で、壁や床、天井などに使用することができます。

 

燃えにくい性質を持っているため、万が一火災が発生してしまった場合でも燃えにくく、有毒ガスを発生しないため安心感がありますし、吸音性にも優れているといった特長があります。

 

積水ハウスでも、主にグラスウールが使われています。

 

グラスウールが使われているのは壁部分で、1階と2階の天井部分には高性能グラスウールが、床部分にはポリスチレンフォームという断熱材が使用されています。

 

ちなみにですが、積水ハウスでは断熱材を標準仕様、ハイグレード仕様、プレミアム仕様の3段階の中から選択することも可能なようです。

 

我が家の場合は、断熱材の仕様を変更した記憶が全くないため、標準仕様のままだと思いますが、お住まいの地域などによっては仕様の変更を勧められる場合もあると思います。

 

積水ハウスの断熱材のグラスウールの評価は?

複数のハウスメーカーから最終的に依頼先を絞っていく時には、価格やデザイン性をはじめ、設備関係が充実しているかや性能の面でも徹底的に比較されると思います。

 

性能の面でいえば、特に気密性や断熱性は重要で、1年中快適な暮らしを実現させようとする上で欠かせないポイントとなってきます。

 

住宅の断熱性能を確かめる時に、まずはどのような断熱材が使われているのかを確認されると思います。

 

戸建て住宅でトップの販売を誇っている積水ハウスでは、主にグラスウールという断熱材が使用されています。

 

これは珍しい断熱材ではなく、安価な断熱材ということもあり一般的によく使われている断熱材です。

 

グラスウールのメリットとしては、不燃材料のため燃えにくく万が一の時でも安心ですし、シロアリ被害に強く、遮音性に優れていることなどがあげられます。

 

一方、デメリットとしては、安価で断熱性にも優れているため、住宅用の断熱材としてはシェア数でトップを誇っているものの、正しく施工が行われないと、高い断熱性能は期待できないということです。

 

そして、結露に弱いといった特長があり、もし湿度を含んでしまった場合は断熱材がずれ落ちてしまい、性能に影響を及ぼしてしまう可能性も否定できません。

 

ちなみに、積水ハウスの断熱工法ですが、充填断熱を基本に、柱の内側に断熱材を入れるオリジナルとなるぐるりん断熱という工法が採用されています。

 

ぐるりん断熱ですが、外壁と天井裏にグラスウールを、床下部分にポリスチレンフォームを設置し、これらをつなぎ目なく家全体を包み込むようなイメージです。

 

積水ハウスではこれらの工法を採用することで、気密性・断熱性が高まり、冷暖房の効率も良くなり、夏は涼しく、冬は暖かい快適な住まいを実現されているようです。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

積水ハウスや各ハウスメーカーの間取りや総額表がもらえます♪

 

積水ハウスの断熱材の厚さは?

快適に暮らすためには断熱性能も重要になってきますが、断熱性能を確かめる時に使用されている断熱材の種類をはじめ、厚さはどれぐらいなのか?ということも気になると思います。

 

断熱材の種類が同じものでも厚みや密度によっては断熱性能は変わってきますが、単純に断熱材の厚さを厚くすればいいというものでもありません。

 

その断熱材の種類によって最適とされている厚みがありますので、断熱材の種類によって最適な厚みで正しく施工していくことが重要になってきます。

 

積水ハウスでは木造住宅のシャーウッドのほか、鉄骨造住宅の取り扱いもあり、特に鉄骨造住宅の場合は、外気からの影響を受けやすいため断熱材の厚さや密度も重要になってきます。

 

そこで、ここでは積水ハウスの断熱材の厚さに注目してみました。

 

積水ハウスは特別、断熱性能が優れているというハウスメーカーではありませんが、近年は標準仕様の断熱材の厚みを以前よりも増やすなど、他社に負けないように断熱性能にも力を入れているような印象を受けます。

 

そして、積水ハウスではオリジナルとなる「ぐるりん断熱」という工法が採用されています。

 

ぐるりん断熱は外壁と天井裏にグラスウールを、床下部分にポリスチレンフォームを設置し、つなぎ目なく家全体を断熱材で包み込むことで、室内の温度のムラを最小限に抑えた住まいを実現されています。

 

積水ハウスの断熱材の厚みに関しては、公式サイトには記載がなかったのですが、ネット上には以下のような情報がありました。

 

壁に関しては、厚さ100mmのグラスウール16kが基本となっており、部分的に厚みを変更され施工されているようですが、壁には厚さ80mmのグラスウール16kが入っているとの書き込みもあります。

 

ちなみに、床には厚さ60〜80mmのポリスチレンフォームが施されているとの口コミもありましたが、公式サイトには記載されていないため、一度営業マンに確認しておく必要がありそうです。

 

また、断熱性能を重視する上で断熱材ばかりに目がいきがちですが、実は窓から受ける影響というものも非常に重要になってきます。

 

特にサッシの性能が劣っていると、いくらエアコンで家の中を暖めようとしても、窓から暖気を逃してしまい、家の中が寒いだけではなく、電気代も高くなりがちです。

 

そのため、採用されているサッシや窓ガラスというものも非常に大切になってくるのです。

 

積水ハウスの断熱材でカビは大丈夫?

この記事をご覧になっている方は、積水ハウスの断熱材にカビがはえるのではないか?と心配されている方や不安を抱かれている方が多いのではないかと思います。

 

積水ハウスでは、主にグラスウールという断熱材が使用されています。

 

グラスウールは積水ハウスをはじめとする大手ハウスメーカーから、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーでも使用されるなど、安価なこともあり幅広いメーカーで採用されている断熱材です。

 

グラスウールは、不燃材料のため燃えにくく安心ですし、シロアリ被害に強い、遮音性に優れているなど長所もありますが、その反面結露に弱いといった欠点もあります。

 

実際にグラスウール=カビが発生しやすいというイメージをお持ちの方も多いようですが、グラスウールが正しく施工されなければ、内部の結露によって断熱材にカビが発生してしまうこともありますし、木材が腐ってしまう原因にも繋がります。

 

そして、湿気などの対策もしっかりと行っておかないと、湿度を含むことで次第に断熱材がずれ落ちてしまい、性能にも影響を及ぼすこともあります。

 

積水ハウスの断熱材にだけカビがはえるわけではありませんが、正しい知識で断熱材が施工されなかった時には、断熱材にカビが発生してしまったり、性能にも影響を与えるということです。

 

無料!3分でかんたん資料請求。

 

積水ハウスや各ハウスメーカーの間取りや総額表がもらえます♪

 

積水ハウスの断熱性能の口コミ

積水ハウスは、戸建て住宅の販売ではトップを誇っていますが、断熱性能の面でみると、他のメーカーよりも特別、積水ハウスの性能が優れているというわけではありません。

 

特に積水ハウスの鉄骨造住宅は寒いと言われることも多く、断熱性能はどうなのかといったことが気になる方も多いようですね。

 

そこで、積水ハウスの断熱性能に関する評判を徹底調査しました。

 

 

「積水ハウスは断熱性が優れているわけではありませんが、満足できる性能は持ち合わせているように思います。
我が家は冬にエアコンをつけたことがなく、床暖房だけでも十分快適に過ごすことができ、このあたりはさすがだなぁ〜と感心しました。」

 

 

「積水ハウスの築5年ほどの家に住んでいます。
リビングが20畳以上で吹き抜けもあるのですが、エアコンもわりとすぐに暖まりますし、床暖房だけで過ごすことができる時もあります。
日当たりが良いため、冬場でも昼間は暖房を付けなくても20度ぐらいの室温を保つことができますし、光熱費もそれほどかからずに助かります。
ただ、真冬でも外の気温が氷点下にならずに、比較的冬でも晴天の日が多いような地域に住んでいるため、お住まいの地域によっても大きく左右されると思います。」

 

 

「積水の鉄骨に住んでいます。
真冬だとガスファンヒーター+こたつの併用です。
特に外が雨だったり曇ってたり、外気温が低いと室内がなかなか暖かくならないような感じです。
トイレは寒いので、上に何か羽織ってトイレに行きます。」

 

 

いかがでしょうか。

 

実際に、我が家も5年ほど前に積水ハウスの鉄骨で建てましたが、特に冬の寒さが気になります。

 

幸い、リビングは日当たりが良好なので、朝起きてエアコンをつけるとすぐに部屋中が暖まりますし、日中は太陽が出てくると暖房なしでも十分過ごすことができます。

 

ただ、豪雪地帯ではないものの、1〜2月頃は雪が降ることもあり、外気温がマイナスになってくると、なかなか部屋中が暖まらない感じですが、そんな時は床暖房との併用で快適に過ごせます。

 

ただ、脱衣所をはじめ、廊下や2階の寝室は極寒で、子どもをお風呂に入れる時や夜寝る時は気合いが必要となります。

 

 

積水ハウスしか検討していない方は要注意


合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

page top