積水ハウス 断熱材

積水ハウスの断熱材や断熱性能について調べました

夏涼しくて冬暖かいと、高評価の積水ハウスの断熱材は、どのようなものを使用しているのかを調べてみました。

 

 

 

鉄骨系と木造系で使用している断熱材が違うようなので、鉄骨系・木造系それぞれ紹介します。

 

 

・鉄骨系

 

 

鉄骨系には「ぐるりん断熱」という工法があります。

 

 

鉄骨系は鉄を組み立てて住宅を造るのですが、鉄は夏の熱や冬の冷気が伝わりやすいという欠点があります。

 

 

この欠点を断熱材でくるむことにより解消できるのですが、壁には壁の中の柱は熱が通りやすいので、断熱材でくるみ、天井は天井用に採寸した断熱材を使用し、通常では断熱材を敷き詰めにくい梁の下にも断熱材を充填、床には根太を包み込むことは勿論、根太の間や下など床全体を断熱材を敷くことで、小さな隙間も逃さず、徹底的に熱や冷気を伝えない仕様になっています。

 

 

また、住宅の熱や冷気の影響を受けやすい窓も、「エアタイト断熱アルミサッシ」を使用していますので、ぐるりん断熱の効果を大幅に増大させています。

 

 

断熱材には高性能グラスウールを使用しています。

 

 

高性能グラスウールとは、一般のグラスウールの半分程度の繊維の細さで、それだけ多くの空気を溜め込むことができるグラスウールのことです。

 

 

 

 

・木造系

 

木造系の断熱材はロックウールを使用しています。

 

 

ロックウールとは玄武岩や鉄炉スラグに石灰等を混ぜて、高温で溶かしてできる人造鉱物繊維のことで、断熱材としては勿論、吸音材にも使われるものです。

 

 

積水ハウスでは壁や床・天井だけではなく、玄関土間にも30mmのポリスチレンフォームを敷き詰めることで冷気をシャットアウトします。

 

 

鉄骨系は標準仕様で全地域「省エネ法H25年基準」を、木造系は「次世代省エネ基準」をクリアした、とサイトでは謳っていますが、詳しい数値は記載されていませんでした。

 

 

 

積水ハウス 坪単価と価格|失敗しない家の買い方のTOPページへ

<スポンサードリンク>




積水ハウスの断熱材関連ページ

積水ハウスのメリット
積水ハウスで家を建てるメリットについて紹介しています。
積水ハウスのデメリット
積水ハウスで家を建てる場合のデメリットについて紹介しています。
積水ハウスの住み心地
積水ハウスの住み心地について紹介しています。