積水ハウス デメリット

積水ハウスで家を建てるデメリットを調べました

積水ハウスで家を建てる、購入する際のデメリットはないか調べてみました。

 

 

 

・坪単価が高い
坪単価が50万円〜80万円、オプションや材質等にこだわりを持つ方にはそれ以上の坪単価になってしまいます。
例えば40坪の建物ですと2000万〜3200万円もかかり、諸経費やオプション代も別途かかりますので、潤沢な資金がないと厳しいかもしれません。

 

 

 

 

・クレームが多い
大手ハウスメーカーですと販売戸数が多いので、その分クレームも多いようです。
営業マンの態度が酷いとか、孫請け会社が施工するためか作業員の態度が悪いとか、住んでから不具合が出てきた等いろいろあります。
余程資金がない限り、家は一生に何度も買うことはないので、気持ちのいい対応・施工をしてもらいたいものです。

 

 

 

 

・ダインコンクリートのデメリット
ダインコンクリートはデザインや強度・耐久性・メンテナンス負担の軽減等メリットしかないような外壁ですが、重いとか高価といったデメリットもあります。

 

 

重いという面については重すぎるため、基礎や構造躯体を外壁の重量に耐えられるものにしないといけないので、そのために坪単価が20万〜30万円も上がってしまうようです。

 

 

 

しかも積水ハウスの最高峰商品「イズ」シリーズしかダインコンクリートを選択できないため、木造のシャーウッドででダインコンクリートにしたいと思っても選択することはできません。

 

 

 

 

・シャーウッドに関するデメリット

 

シャーウッドについて調べてみると意外に「寒い」とか耐震性に難アリという評価を見受けます。

 

断熱性について積水ハウスのサイトを見てみると、「省エネ基準を全地域標準仕様でクリア」と表記されていますが、詳しい数値は公開されていません。なぜ公開していないのかはわかりませんが、せめてわかりやすいところに数値で表してほしいです。

 

 

耐震性については地震で全壊は免れても外壁はヒビだらけ、クロスや石膏ボードが剥がれ落ちて住めない状態になったという評価もあります。

 

 

 

一般地域では標準で耐震等級3になりますが、多雪地域ではオプション扱いになりますので注意が必要です。

 

 

 

積水ハウス 坪単価と価格|失敗しない家の買い方のTOPページへ

<スポンサードリンク>




積水ハウスのデメリット関連ページ

積水ハウスのメリット
積水ハウスで家を建てるメリットについて紹介しています。
積水ハウスの住み心地
積水ハウスの住み心地について紹介しています。
積水ハウスの断熱材
積水ハウスの断熱材や断熱性能について紹介しています。